男性

うつの申し込み【仕事や趣味で気を紛らわせる】

薬を上手に利用する

医者

自分がうつ病になっている場合は心療内科、または精神科に行けば抗うつ剤を処方してくれるでしょう。この薬を毎日用法と容量を守って服用すれば、徐々に効果が出てきます。うつ病を完治させるまでには時間がかかりますので、ゆっくり落ち着いて取り組みます。

詳しく見る

セロトニンで病気を防ぐ

男性

うつ病にかかって処方される抗うつ剤は、脳内にセロトニンを分泌させる効果を引き出し精神的な負担を軽減させていきます。そのセロトニンは太陽の光を浴びることでも脳内に分泌されるので、普段から外に出て太陽の光を浴びる習慣を身につけることが大事です。

詳しく見る

精神の病に使える薬

カウンセリング

うつの症状はよく起こる問題で普通に暮らしている方が、急に悪化して生活が難しくなる場合があります。治療で使える薬はクリニックで購入できますが保険を使えるので安く、自分に合ったものを選べば症状を良くできます。

詳しく見る

安全に服用できます

看護師

抗うつ薬などには、効能の他に副作用がありますが、最近の薬では副作用は小さくなっています。そのため安心して服用可能です。薬をもらうには精神保健福祉指定医から処方してもらう必要があります。万が一指定医が近くにいない場合には個人輸入でも良いです。

詳しく見る

細かく分類される精神疾患

聴診器

医師の指導と正しい服用法

仕事のストレスや人間関係、環境の変化などがきっかけとなって発症する精神疾患の患者は、年々増加傾向にあります。心療内科や精神科で診断される病気には、さまざまなものがありますが、大きく分けて、大うつ病性障害と双極性障害の二つに分けられます。前者は、慢性的な気分の落ち込みや妄想的になることが特徴的で、時には自殺を試みる傾向にあり、危険な状況も考えられるうつ病です。憂鬱な気分になったり、仕事や趣味など、何事にもやる気が起こらなかったりする症状があり、一般的なうつ病のことを総称して言います。一方、後者は、気分の浮き沈みが激しいのが特徴的で、仕事や趣味で気を紛らわせることができ、発症期間が短いのが特徴です。気分や体調がコロコロ変わるため、自分自身で気付きにくく、「治った」と勘違いしやすい病気と言えます。子どもでも発症する気分変調性障害は、疲れを伴ううつ病として知られ、疲労から集中力や思考力が低下し、睡眠障害などの症状が表れると言われています。また、最近、患者が増えてきた非定型うつ病は、気分の落ち込みがあるにも関わらず、楽しいことがあると、途端に調子が良くなる病気です。症状の特徴から、ただの我がままと捉えられることが多く、周囲に理解されにくい病気と言えます。どの種類も、食事や睡眠に影響が出ることが多く、日常生活が送れなくなる前に、心療内科などで診てもらうことが大切です。精神疾患の病気は、こころの病と軽く捉えがちですが、放っておくと日常生活に支障をきたすため、専門の病院で診てもらうことが大切です。うつ病は、解明されていないメカニズムが多い病気ですが、脳内ホルモンの分泌異常が原因で起こることがわかってきました。人の脳では、さまざまな物質が分泌されており、それらが影響することで、楽しい気持ちや悲しい気持ちになると言われています。特に、セロトニンというホルモンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、セロトニンが正常に分泌している人は、精神的に安定しているとされています。うつ病には、抗うつ薬と呼ばれる薬を服用し、脳内のバランスを保ち、気分を良くする治療が用いられますが、薬にもセロトニンが大きく関係しています。薬によって、セロトニントランスポーターと呼ばれる器官に働きかけ、神経細胞間でセロトニンの量を調節することが大きな目的です。大きな副作用が少ないことが特徴ですが、飲み初めに吐き気や倦怠感などの症状が出る患者も報告されています。また、アセチルコインという別の物質にも影響が出る薬があり、尿の排出がしにくくなる副作用があると言われています。抗うつ薬を服用すると、セロトニンの分泌異常を抑え、脳内環境を正常にできるため、気分の落ち込みがなくなるとされています。しかし、副作用の心配もあるため、心療内科や精神科の医師の指導を守り、正しく服用することが大切です。