医療

うつの申し込み【仕事や趣味で気を紛らわせる】

安全に服用できます

看護師

個人輸入もあります

うつ病の治療を行う場合、一般的は抗うつ薬などのうつ病に効果がある抗うつ薬や睡眠導入剤を併用して使用することになります。抗うつ薬は沈んだ気持ちを高ぶらせる効果があります。以前は口が渇いたり、手が震えたりする副作用もありましたが、最近の薬剤はそのような事はほとんどありません。睡眠導入剤も多種多様な種類があります。睡眠に誘うだけのものから、長時間の睡眠を維持するための睡眠導入剤まであります。睡眠導入剤の副作用もかなり軽減されています。以前は薬剤の効果が残り、朝も眠気が残ってしまう場合がありました。しかし最近の睡眠導入剤は性能が非常に良く、少量服用するだけできちんと効果を発揮します。また睡眠導入剤を服用すると手足の震えなどの非常に苦しい副作用もありましたが、最近の睡眠導入剤はそのような苦しい副作用はほとんどありません。睡眠導入剤の形状も様々でカプセルタイプの薬や、粉薬タイプの薬剤があります。液のタイプの睡眠導入剤もあるので、液をジュースに入れて飲むこともできます。服用する人の生活スタイルに合わせた形の睡眠導入剤を選択する事が出来るようになっています。精神科医や薬剤師に伝えて、希望の形の睡眠導入剤を処方してもらう事が出来ます。抗うつ剤の入手方法ですが、一般的には医療機関の精神保健福祉指定医から処方してもらうのが一番です。精神保健福祉指定医から処方ささてもらうと通院医療費公費負担制度が適応されるので、一割負担で済むので非常にリーズナブルな費用で済みますし、適量を精神保健福祉指定医が指定するので安心して依頼する事が可能です。医療機関が近くにない場合には、ドラッグストアなどで個人輸入する必要があります。こちらの方法でも抗うつ剤などを購入する事が出来ます。しかし精神保健福祉指定医が量を調整しているわけではないので、薬剤の量に関しては自分で責任を取らなくてはいけないです。さらに通院医療費公費負担の対象にはならないので、全額自費となります。高い業者だと5000円程度の自己負担は覚悟しておく必要があるでしょう。抗うつ薬を処方してもらっている人からもらう方法もありますが、薬剤にも賞味期限があるので、他人からもらった場合には賞味期限が切れている可能性もあります。そのため抗うつ薬を確実に手に入れるには、精神保健福祉指定医から処方してもらうのが一番ですし、精神保健福祉指定医を探す際には、医療機関のホームページを確認すると良いでしょう。医療機関に直接足を運ぶことなく、うつ治療の指定医を探すことが可能です。