医療

うつの申し込み【仕事や趣味で気を紛らわせる】

セロトニンで病気を防ぐ

男性

セロトニンとは何か

抗うつ剤を飲むのは、脳内にセロトニンを分泌させるためといわれています。うつ病を発した人の多くは脳内のセロトニンが不足してしまっていることから症状があらわれるといわれています。セロトニンが不足すればストレスを受け入れやすくなり、精神的に負担をかけてしまうようになります。その負担がどんどん積み重なれば精神的な病を発症し、自分の存在を疑うように引きこもる人もいれば、自分自身の存在は必要ないのではないかという自尊心の低下が見られるようになります。そしてその精神の負担は身体にも及ぶようになり、腹痛、めまい、吐き気、頭痛、そのほかさまざまな症状があらわれることもあります。それらの症状を抑えてくれるのが抗うつ剤です。セロトニンを分泌させ、ストレスを受け入れやすい状態を軽減し、精神的な負担も軽くしていきます。そして治療に向けてのカウンセリングを行い、社会復帰することができるように治していきます。しかしセロトニンは人工的に取り入れれば、取り過ぎてしまうこともあります。取り過ぎは身体に良くないもので、足がムズムズするなど違う症状があらわれることがあるため、その場合はちゃんと医師に報告し抗うつ剤の摂取を止めることも必要となります。抗うつ剤はセロトニンを脳内に分泌させ、精神的な負担を軽減させていくことが目的となります。うつ病の症状は想像以上につらいものといわれており、仕事ができなくなるだけでなく家庭が崩壊してしまうこともあるため気をつけなければなりません。うつ病はセロトニン不足といわれており、そのセロトニンを脳内に分泌させることは実は日常の生活でも十分可能となっています。そのため発症を予防することも出来ますし、治療中からセロトニンを脳内に分泌させる習慣を身につけ、早めに治していくことができるようにさせるのも可能です。セロトニンはどのようにして分泌させることができるのかといいますと、太陽の光を浴びることで分泌されます。なかでも朝日の光が一番良いとされ、早起きして外に出て散歩するだけでも十分身体に良い効果を引き出すことができます。うつ病を発症すれば朝早くに目を覚ますことはなかなか難しいことかもしれません。外に出て歩くことも困難とされる人もいます。治療を行っている人ならなおさらです。その場合は、ベランダに出て10分ほど太陽の光を浴びるだけでも効果はありますし、窓を開けて光を浴びるのも良い方法となります。抗うつ剤で治療をしながら太陽の光を浴びることで、治りが早くなることもあります。